NIジャパンブログ

【各号紹介】2017年9月号「Bad education(学校教育と企業)」


c505_200.jpg


何をどのように次の世代に教えていくのか。このことに関しては、思想や信条の自由はもちろん、政治権力の思惑もからみ、昔から政治的観点での闘いが繰り広げられてきた。

最近の過激な出来事としては、トルコのエルドアン大統領が2016年7月、政府に批判的な教員、学者、学校関係者らをクーデター未遂という名目で解雇や停職等も含めて職から外し、その数は5,000人上ったということもあった。

日本でもここまで劇的ではないにしても、国旗掲揚や君が代をめぐる教員と学校・政府側との闘いは長く続いており、また教科書を舞台にした第二次大戦に関する記述内容や表現、あるいは最近では原発事故をめぐる記述や日本を褒めそやす愛国的内容の記述、そして評価が必要になってくる道徳の授業化をめぐる闘いなども起こっている。

このような政治における闘いに加え、最近では経済での闘いも勃発している。これは教育に経済性という観点が加えられて企業が参入し、直接的には企業との闘いと言うこともできる。

そしてそこには、指導要領、教科書、試験問題から、学校経営、教員評価方法、国際テストの標準化まで、グローバルな教育企業がその影響力を増大させているという現実がすでにある。

教科書、指導方法、機材などを標準化し、できるだけたくさんの学校で採用してもらう、あるいは自ら学校を経営する。それは、大量生産によるコスト削減を目指す考え方と何ら変わらず、教育で利益を上げるひとつの方法である。

教育に割く予算が非常に限られ、また貧しい人々も多い開発途上国では、教育を安く受けさせるとする学校運営に営利企業が取り組み、開発途上国では就学者数でいえば、すでに小学生の13%、中学生の25%がそのような企業運営の学校で学んでいる。

しかし極貧層ではなく貧困層をターゲットとしたそのような学校の問題点はさまざま指摘されている。例えば、料金をチャージしたブレスレットを子どもたちに着けさせ、チャージされていれば授業を受けられ、不足していれば授業を受けられらないという方式を採用している学校もあるが、これを運営企業は、収入が不安定な親に合わせた柔軟性のある画期的な方法だと喧伝する。

今月は、営利企業が運営する低費用の学校の問題から、先進国でも進む学校教育の中身を置き去りにした標準化の問題、デジタル技術とICT(情報通信技術)への過度な依存など、教育の今を報告し、今後を探る。



2017年9月号「Bad education(学校教育と企業)」目次へ 170630nijlogo.jpg




  1. 2017/09/18(月) 23:09:26|
  2. ≪各号≫紹介

【翻訳記事】「平和には女性の貢献は不可欠です」

7295675940_b18eb97734_z.jpg
校庭を歩くパキスタンの少女たち(資料画像)
DFIDCC BY 2.0


何年にもわたるタリバンからの脅迫。しかしそれは、パキスタンに平和をもたらすというシャワナ・シャーの意志を、より一層強固にしただけだった。

「タリバン化」が行われた間、そしてそれに対する軍事作戦により、パキスタンでは多くの人々が殺され、避難民となり、膨大な人権侵害が発生した。

人権活動家は特にターゲットにされ、民兵組織や他の武装グループの手によって暴力的な攻撃を受けた。

24歳の平和と人権の活動家、シャワナ・シャーもタリバンから脅迫を受けたひとりだ。しかしこの若い活動家は、そんな状況にもめげず、平和に向けた取り組みと女性の権利を守る努力を続けた。

シャーは語る。「タリバンの脅迫も、私をくじくことはできませんでした・・・。実際には、女性と平和のために活動を続ける私の意志を強固なものにしてくれました」

「Da Hawwa Lur(イブの娘の意)という私たちの非営利組織もタリバンから脅迫を受けました。しかしその際は、職員を守るために目立たないようにしました」

シャーは、ジェンダーに基づく暴力の被害者に対し、法的、心理的な支援を無料で提供する目的で2002年に設立されたこのDa Hawwa Lurの共同創設者である。この団体は2012年に公式に登録され、政治における女性のリーダーシップの促進に加え、平和活動も行っている。彼女は2015年5月、カイバル・パクトゥンクワ州(パキスタンの中でも非常に保守的な地域)で「働く女性ユニオン」を結成した。このユニオンは、在宅仕事や家事仕事に従事する300人の女性に対し、自分たちの権利のために闘うプラットフォームを提供するものだ。

「タリバンからの脅威に加え、特にアフガニスタンとの国境地帯にあるトライバルエリア(部族地域)では、コミュニティーからの抵抗にも直面しています」とシャーは説明する。彼女と活動チームは、この抵抗を乗り越えるために部族地域の住民を雇っている。彼らの協力を得ながら活動家たちは、平和構築から紛争予防や紛争解決までにいたる女性の貢献に「コミュニティーが気づきやすくなる」よう後押しをしている。

「何らかの影響を受けたり、命を脅かされたり、嫌がらせや脅しを受けたりといったことは、人権活動家の仕事にはつきものです」と彼女は語り、そうとはいえと言いながら次のように続けた。「パキスタンの状況、特にカイバル・パクトゥンクワ州の状況は厳しいものがあります」

シャーは、マララ・ユスフザイ[訳注※]を例に挙げた。マララはその活動で目をつけられ、2012年にカイバル・パクトゥンクワ州のスワート地区でタリバンに銃撃されたのである。この州では、平和と人権に取り組む活動家が相変わらず脅威にさらされている、と彼女は述べた。
※訳注:子どもの教育を受ける権利と抑圧への抵抗のために活動していた。タリバンに銃撃されたが九死に一生を得て、17歳という最年少でノーベル平和賞を受賞した。

「私は、平和への対話、紛争解決と宗教に対する寛容性を若者に意識づけることを通じて平和を促進しています」。さらに彼女は、2008年から2009年にかけて「平和キャンペーン」を行い、少女たちも含む500人の若者に紛争解決と宗教への寛容性に関する研修を行った、と付け加えた。

シャーはさらに、この社会において最もぜい弱な立場にいるのが女性と少女であり、カイバル・パクトゥンクワ州でタリバンとの戦闘状態が続いていた時、その衝突によって彼女たちがあまりにも大きな影響を受けた、と語った。

2016年10月にパキスタンのNGO「人間開発のための民主的委員会」が行った『パキスタンの女性人権活動家:リスクと能力の評価』という調査によれば、女性人権活動家の2人に1人が個人的に何らか脅迫を受けているという。

この調査(この種の調査は初めてだった)は、2,000人の女性人権活動家を調査し、彼女たちが直面している困難とリスクについて、そしてそれらに対応する能力について評価したものだ。それによれば、人権活動家が脅威を受ける可能性はパンジャブ州が最も低く、カイバル・パクトゥンクワ州とバルチスタン州が最も高くなっている。内容としては、嫌がらせ(34%)、命への危険(23%)、仕事の妨害(29%)、自宅や家族への脅迫(12%)、その他(2%)となっている。また、仕事中に脅迫を受けたことがある女性人権活動家が48%に上ることも分かった。

2017年3月、国際人権NGOのアムネスティ・インターナショナルは、人権活動家への脅迫、攻撃、殺人につながる中傷キャンペーンについて、パキスタンのチョードリー・ニサル・アリ・カーン内務大臣に書簡を送った。その同じ月の国際女性デー2017の前日、パキスタン人権委員会は声明を出し、人権を守る活動に携わる女性たちの役割を認め、差別、嫌がらせ、攻撃から女性たちを守るよう当局に呼びかけた。

その声明の中で同委員会は、「女性の人権活動家は他の人権活動家と同じリスクにさらされているが、女性であるがゆえに暴力に弱く、ジェンダーに基づく暴力に特にぜい弱だ」と述べている。

シャーは、女性の積極的な参加が増え、飾りではない本当の女性代表が増えていかなければ、平和は続かない、と述べる。世界経済フォーラムの2016年版『世界男女格差報告書』で男女平等指数が下から2番目のパキスタンでは、このことは特に当てはまるだろう。

シャーは言う。「女性は、社会のきわめて重要な部分を担っていると私は思っています。女性は、最も優れた平和構築者で、社会に好ましい変化をもたらすことができるのです」

彼女は、「仲裁や平和構築プロセスには、平和の仲介者としての女性の貢献が不可欠です」と言い、国連の平和維持活動のうち5つの活動で女性がトップに就いていることを付け加えた。

「私は、平和を促進し衝突を防止するという仕事の中で、社会的、文化的な障壁にぶつかりました。しかし、困難や障害に直面するたびにそれは新しい機会となり、私は多くのことを学びました・・・。粘り強い努力によって、これまでの困難を乗り越えてきたのです」

政府、司法や警察当局、シャーのような平和・人権活動家、そしてその他の関係者の活動によって、「戦闘状態にあったカイバル・パクトゥンクワ州にも平和が戻りました」と彼女は言う。

「衝突の影響を受けた地域の若者たちが私たちの研修を受け、過激化した地域社会を軟化させてその状況から救い出すことができました。多元的な会話、そして異なる宗教間での協調が、他の信仰に対するオープンな姿勢を人々に認識させたのです」とシャーは述べた。

シャーは、女性への暴力の根絶と平和促進の活動が認められ、2016年に米国ケンタッキー州ルイビルで国際的なモハメド・アリ人権賞を受賞した。彼女は「国際人道主義と倫理的ユース国際協会」のアジア作業部会メンバーでもあり、また国際開発分野(具体的には女性の権利と平和促進に対する貢献)でEU(欧州連合)からその功績を認められている200人の女性のひとりでもある。


NIブログ記事‘Women’s contributions to peace are essential’の翻訳です。




  1. 2017/08/28(月) 07:54:26|
  2. 暴力・平和・人権

【翻訳記事】反抗の都市(スペイン)

170811encomu.jpg
バルサローナ・アン・クムーの説明集会
Barcelona En ComúCC BY-NC-ND 2.0


市民が組織した大きな波が押し寄せ、急進的な市長たちがスペイン中で当選を果たしている。そしてその波は、他のヨーロッパ諸国、さらにはヨーロッパの外にまで広がっている。

そんな都市の中でも最もよく知られて注目されているのが、野心的な反抗の都市バルセロナである。市民のプラットフォームであるバルサローナ・アン・クムーが勝利したのが2015年。彼らは都市の主導権を握り、住居問題に取り組むフェミニストの活動家、アダ・クラウを市長の座に就けた。この連合体は、主要政党による腐敗政治と一線を画すため、市民議会を通じた運営を行い、完全なる透明性も確保している。彼らの政治の主な焦点は、都市への権利[訳注1]、社会経済と連帯経済の促進、共同利用地(コモンズ)の拡大、水道と電力事業の再公営化、移民への門戸開放だ。

このような市民プラットフォーム(社会運動家の仲介によって緩やかに結びついた市民と進歩的な政党から成る連合体)は、マドリッド、バレンシア、アコルーニャ、サラゴサなどいくつかのスペインの主要都市に加え、イビサや他のより小さな自治体においても主導権を握るようになった。

さらには、スペイン以外にもそれは広がり、率先して動き始める人々がヨーロッパのあちこちに現れた。そして米国では、女性とLGBT+の人々の権利を守るためや気候変動に関するパリ協定を支持するため、あるいは移民の権利を守るために、あちこちの都市が結束してトランプ大統領に対抗しているが、ここでも市民プラットフォームというトレンドが広まっている。

5月には、共和党の牙城であるミシシッピ州の州都ジャクソン市で、驚くべき自治体革命が起こった。市長選挙で圧倒的多数の人々が、急進的な黒人活動家のチョクウェ・アンタール・ルムンバ[訳注2]に投票したのだ。当選したルムンバはニュースサイト『In These Times』のインタビューで、「ジャクソンは、現行制度の犠牲となっている」と語った。「もし私たちがミシシッピで現状を変革できれば、それは世界の他の地域のモデルとして貢献し、希望となるだろう」◆

by クレア・フォーセット

訳注1:初版1969年の『都市への権利』(邦訳はちくま書房)で著者のフランスの哲学者アンリ・ルフェーヴルは、ビジネスや消費主義にまみれた都市を、そこに住む人々の手に取り戻すことを訴えている。

訳注2:チョクウェ・アンタール・ルムンバは弁護士でもある。彼の父親も弁護士、そしてジャクソン市の市議会議員だった。2013年に市長に当選したが2014年に病死。チョクウェ・アンタール・ルムンバは父親の意志を継いで2014年の市長選に出馬したが落選した。

ルムンバのインタビュー動画(Democracy Now)

『In These Times』のインタビュー記事


7/8月合併号NI504 p6 Fearless cities (Spain) の翻訳です。c504_100.jpg





  1. 2017/08/11(金) 11:52:00|
  2. 政治・国際関係

【翻訳記事】栄養をもたらすテント


170731solartent.jpg
本記事のプロジェクトとは別の英国のNGO「カトリック海外開発機関(CAFOD)」が行うソーラーテントを使ったプロジェクト。
CAFOD Photo LibraryCC BY-NC-ND 2.0


ボリビア中央部の高地に住むケチュア民族の女性グループは、その土地の極端な気候にも負けず、「ソーラー・テント」を使ってなんとか自らの手で食料を生産し、家族の栄養改善に役立てている。家庭菜園の作物は、このビニールハウスのおかげで厳しい霜や慢性的な水不足から守られている。女性たちによれば、2年前に農村省が国連の支援を受けてプロジェクトを始めて以来、栄養不良の子どもはいなくなり、摂取カロリーは増加し、出費の節約にもつながっているとのことだ。

7/8月合併号NI504 p9 Nutritious tents の翻訳です。c504_100.jpg


このプロジェクトもボリビアの標高4000メートルを超える高地で行われており、そこで暮らす人々の現実は厳しい。参加者のひとりニカラノは言う。「普段食べ物があまりない時は、大麦のスープを食べています。大麦を挽いた粉に水を混ぜた物です。このスープしか食べ物がない日は、すぐに疲れてしまいます。時々野菜を買い、できるだけそれを長く持たせようとします。お金がない時はスープだけです」



  1. 2017/07/31(月) 22:16:00|
  2. 健康・食・農業

【翻訳記事】学校で廃品再生



動画はインターネットニュースサイトvocativより


廃品を再生して、学校や公共の場で役立つ備品などを作り出す。そんな方法を生徒たちに教えるプロジェクトが、セネガルで行われている。生徒たちはフランスのNGO「3000エコメン」と一緒に作業し、古タイヤにゴミを詰めてセメントを盛り、ベンチやその他の備品を製作した。この団体は、すでにこの方法で1万7,000トン以上の廃棄物をリサイクル済み。現在は、このプロジェクトをモロッコ、チュニジア、エチオピアでも実施するべく準備を進めている。

7/8月合併号NI504 p9 Rubbish school furnitureの翻訳です。c504_100.jpg



セネガルの学生たちが大学のキャンパスのテーブルとベンチを作る様子。非生物分解性のゴミと土を古タイヤに詰め、金網で包んでその上にセメントを盛っている。この大学では古タイヤ900本と60トンのゴミが使用され、400のテーブルとベンチに生まれ変わっている。



  1. 2017/07/25(火) 22:50:10|
  2. 子ども・教育
次のページ