NIジャパンブログ

【イベント報告】「おいしいだけじゃないコーヒー講座」

前回に続き満員御礼となったこのイベントは、今回もNPO法人アーユス仏教国際協力ネットワークNPO法人APLAニュー・インターナショナリスト・ジャパンの共催で行われました。

会場も前回同様「深川の出世不動尊」として親しまれている東京都江東区の清澄白河にある長専院さんの一室をお借りしました。

前回のタイトルは「おいしいコーヒー入門講座」でしたが、今回は「おいしいだけじゃないコーヒー講座」。これは、前回よりももっと多角的な視点でコーヒー(自体ということに加えて、取り巻くさまざまなことも含めた)の奥深さを味わっていただきたいと企画を進めた結果決まったタイトルです。

とはいえ、2時間という限られた時間の中、基本知識から淹れ方や試飲、現地の話まで盛りだくさんで駆け足になってしまいました。しかし、コーヒーに想いを持った参加者の皆さんには楽しんでいただけたようで、講座の最後に書いていただいアンケート結果にホッとしました。

【参加者の感想~アンケートより】
コーヒーの生産地と、それがどのように私たちのところへ来るのか知りたかったのでとてもためになりました。おいしいものにこだわって、生産地の人々を苦しめているのでは...と思いましたが、そうではないと少しうれしくなりました。
・寺院でのワークショップ興味津々でした。東ティモールでのお話は良かった!
コーヒーに関するNPOの活動内容を通じて、あらゆる知識を得られたので、とても良かったと思います。
・とても興味深い講座でした。コーヒーとスイーツとてもおいしくいただきました。


コーヒーブームが続いており、日本人にとってコーヒーはより身近になっています。しかし普段私たちは、コーヒーについて飲み物(液体)か、せいぜい豆というくらいの認識しかないでしょう。その豆がどこからどのようにしてやってくるのか、どのような土地で誰が作っているのか、豆とは何なのか(本当はコーヒーノキになる実の中のタネです)…。

人によっては、液体、粉、あるいは豆だったり、または投機対象、貿易産品、あるいは農作物だったりするかもしれません。

ただ、重要でありながら普段あまり考えないことは、私たち消費者の対極にいる生産者のことです。私たちは実際に、現地で誰がどのようにしてコーヒー豆を作っているのかほとんど知らないし、知る機会もあまりありませんが、今回、そして前回も、参加者からは東ティモールのコーヒー農家の話がとても興味深かったという感想が多くあり、やはり関心は高いと思いました。

生産者がいなければコーヒーの実は収穫されず、私たちはコーヒーを飲むことができません。生産者が質の良い豆を作らなければ、私たちはおいしいコーヒーを飲むことができません。しかし生産者の農業や生活は、えてして苦労が多く、豊かといえない場合がほとんどです。どうしてそうなってしまうのでしょうか?

これからもおいしいコーヒーを飲むために、私たちは何を求めていくべきなのか。まずは毎日飲む1杯の生産国や生産者についていろいろなリソースから情報を集めて知る、という一歩から始めてみてはいかがでしょうか。


▼イントロダクションでは、アーユスの三村さんが、講座の趣旨説明から始まり、コーヒーの聖地となった清澄白河のことやお坊さんの国際協力、コーヒーへの想いまで一気に語りました。
160612_01.jpg

▼コーヒーの基礎知識について、コーヒーの「発見」から誰が広めていったのか、植物としての特徴、農業や貿易の現状まで、NIジャパンの諸が幅広く解説。
160612_02.jpg

▼各種生豆:ナチュラル/ウォッシュド、アラビカ/ロブスタ、ピーベリー、コーヒー原産地エチオピア南西部の豆。各産地の気候風土に育まれた豆たち。
160612_03.jpg

▼コーヒーの淹れ方デモでは、今回もドリッパーはも台形3つ穴のカリタ(左)と円錐形のコーノ(右)を使用。
160612_05.jpg 160612_06.jpg

▼試飲:今回もAPLAの東ティモールの豆を使用し、浅煎りと中深煎りの2種類の焙煎で味の違いを体験。APLAで通常販売しているのは中深煎りの方で、こちらが好きという参加者がほとんどでしたが、一部浅煎りの方が好きという人も。コーヒーは嗜好品なので、好みは人それぞれ。自分に合った感覚、好きな味を見つけるプロセスもまた楽しいもの。
160612_07.jpg

▼フードペアリング(マリアージュ):コーヒーに合うスイーツは? インドネシア・パプア産のフェアトレードのカカオを使ったブラウニーと、フィリピンのネグロス島のマスコバド糖を使用したかりんとうで、コーヒーの別の楽しみ方にも遭遇。
160612_08.jpg

▼今回試飲した東ティモールの豆の生産地の様子と現実についてAPLAの野川さんが、日本では知られているとは言い難いこの国の山間部でコーヒーを作る人々のあまり知られていない現実と苦労をスライドで紹介。
160612_09.jpg

▼現地の品々:パプアのカカオのチョコレート、東ティモール、ペルー、ウガンダのコーヒー豆、マスコバド糖とそのかりんとう、民芸品等々。
160612_10.jpg



  1. 2016/06/29(水) 00:51:05|
  2. イベント報告

【イベント報告】「多文化旅行写真術~写真で伝えるアジアのイメージ2」

暑いくらい良い天気に恵まれ、写真講座「多文化旅行写真術」が先週開催されました。

昨年11月に続き、今回もバングラデシュのフォトエージェンシーDrikの日本代表を務めるコンドカル アニスル ラハマンさんを講師に迎え、2回目となる「写真で伝えるアジアのイメージ」のテーマで実施しました。

今回は、普段はスマホで写真を撮っていてデジカメを触ったのはとてもひさしぶりという方から、普段からフルサイズのデジタル一眼レフカメラで写真を撮っている方まで、幅広くご参加いただきました。

内容は、アニスルさんの講義、街に出ての写真撮影(街フォト)、街フォトで撮った写真の講評、写真の見え方や意味について意見を出し合うワークショップと進みました。

▼最初のセッションでは、先月バングラデシュを訪問した際にアニスルさんが撮った写真を見ながら、その時の状況や撮影方法に関してお話を聞きました。
写真1605_02

▼特に人を撮る時のコツや難しさ、いかにして自分が撮りたいものを撮るかについて、参加者は大きくうなずいたりメモをとっていました。
写真1605_01

アニスルさんのお話が終わった後、池袋の街に繰り出して撮影を行いました。場所は会場周辺でしたが、池袋のさまざまな表情が見られるルートを基本に歩きました。撮影のお題は「文化」。幅広い意味で文化をとらえ、伝えたいことを撮るようにとのアサイメントが出ました。

▼会場を出てすぐ、一部アニメの街と化ししていた場所に驚きながらしばらく進むと、フィリピンから布教活動に来ている人たちに遭遇。話を聞き、活動の場面や記念写真の撮影にも気軽に応じてもらえました。
写真1605_03

▼にぎやかな通りからちょっと古い雰囲気が漂う小路へ。小さな飲み屋さんが連なるため、昼間はまだ眠っているような感じでしたが、その雰囲気に何か見つけたように参加者はシャッターを切っていました。
写真1605_04

▼さらに進むと、今度はサンシャイン60をバックに少しモダンな感じのする小路がありました。自然と吸い込まれていく参加者。
写真1605_05

▼そこでは、小路のお店の人たちが親睦会を開いているのに遭遇。話をして意気投合し、写真を撮らせてもらい、料理も少しいただきました。ごちそうさまでした。
写真1605_06

▼こちらのお店の気さくなおじさんからは、地域のことや人情について語りが入り、本当は座ってじっくり話したいところでしたが、まだ講座途中で時間もないため、後ろ髪を引かれながら小路を後にしました。
写真1605_07

▼ちょっと別世界だった小路からもとのルートに戻って先を急ぎ、相変わらず多くの人でにぎわうサンシャイン60通り。こちらの方が「池袋らしい(イメージ)」といえば池袋らしいかも。
写真1605_08

▼そんな場所の近くに、取り残されたような和風の家。物干しには洗濯物が干してあり生活感が漂います。
写真1605_09

▼その横のこれまた和風の店構えのたこ焼き屋さんでは、電子ガジェットをいじりながらたこ焼きを食べる若者。その姿が店先にはまっていました。
写真1605_10

▼会場に戻る前に、参加者はそれぞれお気に入りに1枚をコンビニで印刷。それをホワイトボードに貼り、その下には撮影者が考えた写真のタイトルを貼っています。タイトルは左から「アルバイト」「パラダイスロスト」「サンシャインの下で」「ともだち2016」「IKEBUKUROまたはいけぶくろ」「まなざし」。各参加者が写真とタイトルの説明をし、それに対してアニスルさんは、構図、見る側の視線の誘導、スペースの効果、シャッターを切るタイミングなど、講評をしました。
写真1605_11

▼最後に、説明&講評前にあらかじめ書いておいた、他の参加者が撮った写真につけたタイトルをそれぞれの写真に下に貼り、意見交換をしました。他の人が自分の写真をどう見ているのか、どの部分に着目しているのかなどが分かり、今後の撮影や表現を考える上でヒントを与えてくれました。
写真1605_12







  1. 2016/05/22(日) 20:54:23|
  2. イベント報告