NIジャパンブログ

【PDF版】2016年4月号「世界の森林を守れ」メイン記事をアップしました


nij137_500.jpg
クリックして閲覧サイトへ


補足:2011年12月号でNI日本版が休刊となって以来、NIの翻訳記事はメルマガ配信によるテキスト形式のみでした。今回Keynote(メイン記事)だけですが、4年4カ月ぶりに冊子形式にレイアウトをしてみなさんにお届けすることができました。専従スタッフがいない中、活動は難しい部分もありますが、今後は読みやすいフォーマットで可能な限りお届けできればと思いますので、ぜひ応援してください。メールマガジンの購読、ツイッターでのリツイート、Facebookでのいいねをよろしくお願いします。


山が淡い緑から濃い緑まで緑のグラデーションに彩られる新緑の春。そんな4月のNIのテーマは「Saving the world's forests(世界の森林を守れ)」です。そのメイン記事「Last stand(最後の抵抗)」の翻訳をアップしました。

森林は、資源としてだけでなく温暖化を抑制する要素としてもその重要性が認識されており、森林破壊を心配する人も多いと思います。しかし国連食糧農業機関(FAO)によれば、2000年から2010年にかけて行われた植林の面積は5,000万ヘクタールに上るそうで、伐採された面積をマイナスしても実質的に森林面積の減少はゼロに近くなります。森林破壊を心配する人も、少しはホッとしたでしょうか。

しかしこの植林の中身を見ると、アブラヤシ(「エコな」石けんからアイスクリームまで幅広く使われているパーム油をとる)やユーカリ(コアラのえさではありません。紙パルプの原料になります)など、その地域にはもともとなかった樹種を産業用に植林したものが多く含まれており、地域の再生や地域環境に配慮した植林とは言えないものです。

このような植林により、地域の植生は様変わりし、その環境変化は動物への影響も大きく、またその森の恵みで生きてきた地域の人々の生活も一変させてしまいました。このようなことが東南アジアから南米まで、実際に起こっています。

またもちろん、地域によっては森林伐採によって深刻な水不足に見舞われているブラジル南東部などの例もあります。

森林破壊に関しては、森林面積や植林面積だけでなく、森林の質と地域の環境、森林の下流域への影響や人々の暮らしも含めて心配する必要があるということですね。

英語版の記事はこちらのNIのウェブサイトで閲覧できます。


※2016年4月号NI491c491-200.jpg





  1. 2016/04/30(土) 12:43:54|
  2. 環境・資源
  3. | トラックバック:0