NIジャパンブログ

【翻訳記事】排ガスをインクに

3989886371_25ed239bd3_o.jpg
デリー(インド)の大気汚染
Dave MorrisCC BY 2.0


シンガポールとインドを拠点とする技術系ベンチャー企業が資金を募り、大気汚染をインクに変える技術を開発した。この企業は、急成長を遂げるアジアの都市での大気汚染による死亡者を減らしたいと考えている。このグラビキー社は、「汚染物質を芸術のツールへと用途を変更する」ものだと説明する。これは、自動車や発電機のマフラーや排気パイプに取り付る装置によって、排出されるばい煙(すす)を回収するものだ。回収されたすすは、有害金属と発がん性物質が除去された後に炭素色素が抽出され、インクと塗料に生まれ変わる。

グラビキー社のサイト http://www.graviky.com

2017年6月号NI503 p9 Exhausting inkの翻訳です。c503_100.jpg



  1. 2017/07/05(水) 23:23:55|
  2. ビジネス・企業