NIジャパンブログ

【各号紹介】2017年12月号No.508「Clampdown! - Criminalizing dissent(異論封じ込めの弾圧に対するオルタナティブ)」



英語版のウェブサイトへ



いかにほど良いバランスをとっていくか。このことが難しい場合は少なくない。今月は、世界中で起こっている民主主義の権利に向けられた権力による攻撃を取り上げているが、このことについて世界は前向きになれない情報で埋め尽くされようとしている。

そんなあふれる情報とのバランスをとるためNIでは、これまでとは異なる(オルタナティブな)創造的な方法を用いた可能性があふれる政治的活動の事例を紹介すべく取材に取り組んだ。どうやらカタロニアは、その事例に完全に当てはまると言えそうだ[訳注]。カタロニアは、現在の独立をめぐる困難な闘いが最終的にどのような結果に終わろうとも、特に生活における経済的な面で急進的な民主主義のオルタナティブを立ち上げた実績を作った。

異議を申し立てる権利に対して国と企業が攻撃する事例が増加するにつれ、私たちの基本的な権利を守るための効果的な協働がますます重要になってきている。今月は、まさにそのような取り組みに対する応援歌として報告する。

訳注:本号掲載記事"Homage to Catalonia"で報告しているが、20世紀初めから自由への思いが強く住民の自主的な活動が盛んだったスペインのカタロニア州(州都はバルセロナ)では、早くから協同組合組織が結成され、農業、小売業、銀行、さらには工場、水道などの事業も広く行われてきた。また、協同組合だけでなく地域の人々が結束して問題解決にもあたってきた。近年では再生可能エネルギー事業を立ち上げたり、倒産した工場を買い取って地域住民議会で事業を運営したり、2008年の不動産バブル崩壊とその後の観光客急増で投機的に翻弄される不動産の安定化のための貸主組合の結成なども行われている。



It’s hard sometimes to get the balance right. When it comes to the subject of December’s Big Story on the authoritarian assault on democratic rights around the world, one is in danger of being swamped by negativity.

To balance, we sought out an example of a fertile political space with a record of creative alternative-building. Catalonia seemed to fit the bill perfectly. Whatever the ultimate results of the current independence struggle, Catalans have a proud record of building radical democratic alternatives especially in their economic lives.

As the number of examples of state and corporate assault on the right to dissent mount it becomes crucial to build effective coalitions to defend our basic rights. This issue of the magazine is a contribution to the effort to do just that.


◆目次と購読は富士山マガジンサービスのサイトをご覧ください


NIシンプル英語版で読む
171231NIEEWロゴ






  1. 2018/01/12(金) 15:37:30|
  2. ≪各号≫紹介

【翻訳記事】血のしたたるヴィーガン向けハンバーグ


180104F294037.jpg
この画像はイメージです


「血のしたたるビーフレスのビーフハンバーグ」。まるでドクター・スース[訳注:米国の絵本作家]が書いた一節のように思うかもしれない。だがこれは、シリコンバレーズ・インポッシブル・フーズ社の新しいヴィーガン[訳注:完全菜食主義者]食品を実際に説明した一節である。遺伝子組み換えタンパク質と植物由来の物質からできている「インポッシブル・バーガー」は、見た目、におい、味もまるで本物のようだ。

しかし、カナダの非営利団体ETCグループが情報公開法に基づき開示を求めて入手した文書を見ると、そのハンバーグの食品としての安全性には疑問符がつく。

ニューヨーク・タイムズ紙で明らかにされた米国の食品医薬品局(FDA)の文書には、そのハンバーグ風味の食品の主要原料(大豆レグヘモグロビン)に関するインポッシブル・フーズの主張が書かれているが、人間の食べ物としての安全性を確約してくれるものではなかった。

「こんなことを許すなんて、まったくとんでもないことです」と言うのは、米国の消費者団体であるコンシューマーズ・ユニオンの科学者、マイケル・ハンセンだ。「これまで人間の食料として使用されたことのない遺伝子組み換えタンパク質を、彼らは使用しているのです・・・。これは、[米国の]規制に不備があることを示しています」

FDAは懸念を表しているが、インポッシブル・バーガーは発売されている。このようなことになったのは、新しい原材料が食品に適しているかどうかを製造者が決められる「Generally Recognized as Safe(GRAS)」[訳注*]と呼ばれる非常に緩い規制のためだ。

インポッシブル・フーズの広報担当者は、「米国内の全ての食品安全規制に適合している」と語った。◆

by Yohann Koshy


訳注*:米国では食品への添加物は、意図する使用対象や方法において一般的に安全と認められない限り、FDAに申請して市販前承認を得る必要がある。しかし科学的な評価を実施し、その結果が安全と認められれば、GRAS(「一般的に安全と認められる」の意)として認められるという手順がとられていた。この手順では、企業から提出される科学的な検証結果をFDAの委託先機関が審査し、その結果に問題がないようであれば物質が安全であると見なしGRASと認めていた。しかし1997年FDAは、この申請プロセスをやめて通知だけで手続きが済むという規制案を提案した。これは、企業による申請とFDA側の審査というプロセスを廃止し、企業側で行った検証で企業側が安全と判断した物質をFDAに通知するだけでGRASを名乗れるようになった。この新しい手順は、試用期間を経て2016年8月17日から正式に施行されている。また、米国の消費者団体Consumeristの下記の報告によれば、この通知は必須ではないため、現在FDAに知らされてない物質が1,000種類以上食品に使用されているという。
When It Comes To Food, “Generally Recognized As Safe” May Not Mean What It Sounds Like


 

2017年11月号NI507 p7 Bleeding veggie burgers の翻訳です。c507_100.jpg





  1. 2018/01/04(木) 10:57:23|
  2. 健康・食・農業