NIジャパンブログ

【PDF版】2016年6月号「エボラ後のシエラレオネ」Keynote(メイン記事)をアップ


nij139_500.jpg
クリックして閲覧サイトへ


1976年に発見されたエボラ出血熱。2013年までに20回以上の流行が起こりましたが、そのいずれもが3カ月以内に終息しました。

しかし、2014年から2015年にかけてシエラレオネ、ギニア、リベリアで起こった流行はこれまでとは次元の違うものでした。

特にシエラレオネでは1万4,000人以上が感染し、そのうち4,000人弱の人々が命を落としました。そして回復して生き延びた人々の中には後遺症に悩む人も少なくなく、また社会もエボラの流行によって大きなダメージを受けました。

今回なぜこれほどの流行になってしまったのか? 感染が拡大する前にもっと早く封じ込めることはできなかったのか? 人々はどのように生き延び、今どんな生活を送り、次の万が一の出来事にどう備えているのか?

今号は、NIの共同編集長のヘーゼル・ヒーリーがシエラレオネを訪れ、現地の市民リポーターの協力を得て制作しました。市民リポーターは、現地市民の情報発信活動を支援する英国のNGO「On Our Radar」にトレーニングを受けた人々です。

今回人々の事細かな体験と感情を誌上で紹介できているのは、市民リポーターの活躍のおかげです。Keynoteでもその一部を紹介しています。

Keynoteの英語版は、こちらのNIのウェブサイトで読むことができます。


※2016年6月号NI493 c493-100.jpg




  1. 2016/07/18(月) 21:07:32|
  2. 健康・食・農業