NIジャパンブログ

【翻訳記事】鉱山開発による土地収奪と闘う人々(ビルマ)


8680673352_d1b768bc6a_z.jpg
レパダウンの村人に立ち退きを迫る警察(その他の写真は下の名前部分をクリック)
Han Win Aung/Burma Partnership (CC BY-NC 2.0)


ビルマミャンマー)では、急速な経済発展と増加する外国資本の鉱山事業によって多くの農民が影響を受けている。トウェ・トウェ・ウィンは、そんなビルマの農民のひとりだ。2012年彼女の村では、中国の鉱山企業が行う事業に関する説明会があり、村人たちは当局から呼び出されて学校に集まった。当局側は、レパダウン鉱山開発のために収用された土地には市場価格以上の補償を行うことを約束し、鉱山の廃棄物を地元の農地に廃棄することはないと言った。

4年後、数百人の村人たちが強制立ち退きに遭っている。また、鉱山のために化学物質を製造する酸化物プラントが、村人十数世帯の家から50メートルあまりのところに姿を現した。平和に行われた鉱山反対の抗議活動に対し、警察は白リン弾[訳注]を使用し、150人を超える僧侶と村人たちが一生残る傷を負った。2016年に現地調査を行った人権団体「フロント・ライン・ディフェンダー」は、体の50%を超える部分に化学やけどの傷跡が残る複数の生存者に面会した。

トウェ・トウェは現在、鉱山企業と警察の過度な対応に抗議している。彼女によれば、警察はコミュニティーよりも鉱山を守っているという。だが抗議を行った結果、彼女は脅迫や嫌がらせを受け、逮捕されてしまった。しばしば国際的なニュースとして、ビルマ新政府が著名な人権活動家を首都ラングーン(ヤンゴン)の刑務所から釈放したことが報道されるが、地方の草の根活動家に対する弾圧が報道されることはほとんどない。

ビルマの指導者であるアウン・サン・スーチーは、政府の国内農業地域軽視という姿勢に沿った外交的対応を行っている。この8月スーチは北京を訪問し、中国がビルマに建設する34億ドルに上る水力発電ダム建設プロジェクトの交渉を再開させた。このダムは、環境破壊に対する抗議が拡大したため2011年に頓挫したプロジェクトだった。

国際的には、大半の人々はビルマの和平プロセスの行方に注目しており、数百万人が影響を受けている土地の権利の侵害は無視されている。EU(欧州連合)は和平プロセスに1億ドル以上を投入しているが、人権擁護活動家は、欧州のリーダーたちは民主化へのプロセスに含まれていない地方コミュニティーの支援に失敗している、と述べる。欧州委員会は6月のプレスリリースで、「土地の権利の強化[と]、土地の収用がもたらす不公正な苦しみにどう対応するのかが、新政府の正当性にとって非常に重要となる」と認めているが、この侵害を終わらせる計画案については触れていない。◆

by エリン・キルブライド(フロント・ライン・ディフェンダー)
https://www.frontlinedefenders.org

訳注:白リン弾は、煙幕の発生や焼夷弾として戦闘で使われるが、警察がデモの鎮圧に使うことはほとんどない。負傷者たちは、高温になる白リンによってやけどを負った。


2016年10月号NI496p6「Land defenders step up(BURMA)」の翻訳です。c496-100.jpg




  1. 2016/10/31(月) 23:21:46|
  2. 環境・資源