NIジャパンブログ

【翻訳記事】苦いブドウを甘くする(南アフリカ)


20170129ロバートソン
ロバートソンのワイン
Daytona WinosCC BY 2.0


南アフリカの西ケープ州にあるロバートソン・ワイナリーで、労働者ストライキが成功した。南アフリカ政府はこの結果、南アフリカのいくつかのワイナリーのアパルトヘイトのような状態について調査せざるを得なくなった。

ブドウ園労働者は、低い給与、人種差別、殺虫剤が原因の病気を耐え忍んでいる。労働組合に加入する、あるいは不満を訴えた労働者は、解雇される可能性がある。しかし、政府に保護策はない。

「1994年[アパルトヘイトの撤廃]から状況は悪化しています。彼らはまやかしを隠そうとしますが、人々が奴隷のように扱われていることはあなたにも分かるでしょう」。こう説明するのは、14週間にわたるストライキを昨年11月に成功に導いた「商業・港湾荷役・農業とその関連産業労働組合(CSAAWU)」のトレバー・クリスチャン事務局長だ。

このストライキ参加者の状況は、おぞまし現実を暴いたデンマークのドキュメンタリー『Bitter Grapes』(苦いブドウ)で広まった。その後ボイコットが起こり、ロバートソンのワインは南アフリカからスカンジナビアまで、店頭から消えたのである。

CSAAWUは、ストライキを画期的な勝利と考えている。彼らは生活に十分なレベルの賃上げは達成できなかったが、すべての労働者に過去にさかのぼってかなりの増額分が支払われることになり、年間のボーナスも出るようになった。さらに、ストライキの指導者たちが懲罰を受けることもない。現在CSAAWUは、他のワイナリーで闘っているという。

クリスチャン事務局長は言う。「ワイン業界は変わらなければなりません。政府は、奴隷状態の実情について調査を余義なくされました。全国のワイナリーで働く労働者たちは、ロバートソン・ワイナリーの労働者たちの功績に刺激を受けるでしょう」◆

by ピーター・ケンワーシィー(Afrika Kontakt


2017年1/2月合併号NI499p7 Bitter grapes sweeten (South Africa) の翻訳です。c499-100.jpg



  1. 2017/01/29(日) 16:39:00|
  2. ビジネス・企業