NIジャパンブログ

【翻訳記事】<今月の編集者の巻頭言>創刊500号 ― 勇気と変化の時


20170320signatures.jpg
ニュー・インターナショナリスト・マガジン今月の編集者
左からバネッサ・ベアード、ディンヤール・ゴドレイ、ヘーゼル・ヒーリー



当初人々は、ニュー・インターナショナリストの若き創設者たちに向かって、そんな雑誌は長続きしないだろうと言っていました。

「主な問題は、国際開発に関する雑誌がやっていけると誰も考えていなかったことです」。若き創設者のひとり、ピーター・アダムソンは当時をこう振り返ります。「私たちは、NIのような雑誌でも多くの十分な潜在的読者がいる、という考えを信じて努力しました」

そして44年が過ぎましたが、ニュー・インターナショナリストは現在も続いており、今も1973年当時と同じように社会的意味のあるグローバルな正義というテーマで取り組んでいます。

この道のりは平坦ではありませんでした。ニュー・インターナショナリストの継続が危ぶまれることは何度もありました。ある時期には、2名のスタッフが自宅を再抵当に入れて発行を続けました。しかしまたある時期には、世界での定期購読者数が8万人を越えました。

この雑誌が存続している理由は、マーケティングと財務計画に通常以上に気を配ったことだけではありません。この雑誌が持つ「人々、アイデア、行動を、グローバルな正義のために」報道するという目的もその理由です。そしてさらには、変化は可能だということを根本的に信じていることもあります。

変化を促すものをひとつ挙げるとすれば、それは勇気ということになるでしょう。そして、今回の記念すべき500号では、「勇気」に焦点を当てることにしました。本号の中では、変化を起こすためなら身体への危害や命を落とすリスクも顧みないという勇敢な人々を取り上げました。今回は、あえて一般メディアでは取り上げられていない人々を探したため、彼らのことを初めて知るという人も多いでしょう。

ニュー・インターナショナリストは、メインストリームな(主流派の)組織ではありません。私たちのニュースの価値は、横並びの企業メディアとは異なることもしばしばです。他のメディアが無視する話題でも、ニュー・インターナショナリストは取り上げます。私たちは、報道の背後で糸を引くような所有者がいるメディアではありません。広告は、一定の倫理的基準を満たしたもののみを掲載しています。私たちが出版する書籍も、雑誌と同じ編集方針で制作されています。そして私たちの通信販売であるエシカルショップは、環境に配慮した物、公正な貿易を通じた物を販売しています。

つまり私たちの活動の継続は、すべてが読者、支援者、制作協力者にかかっているのです。そんなみなさんに、大変重要な時期を迎えたNIからお願いがあります。

多くの雑誌や新聞が苦境に立たされていることは周知のことです。インターネットの登場により、メディアの状況は一変しました。良い点は、NIのウェブサイトにも年間約200万人が訪れ、より多くの人々に読んでもらえるようになったことです。

しかし無料で記事が読める時代、印刷した雑誌を読者が購入するというビジネスモデルでは、得られるものはほんのわずかです。過去数カ月、定期購読者数はほぼ横ばいから微増程度で、雑誌の存続には十分ではありません。

以上のような理由から、今回Community Share Offerという特別な支援方法を発表しました。これは、みなさんのような一般の人々が、ニュー・インターナショナリストに出資してその一部を所有するという方法です。今回採用したのは、すでにいくつかの小規模な出版物で行われて成功例があるもので、独立したメディアに資金を提供する新たな仕組みです。

メディアは、状況をもてあそぶ一握りのメディア王の手に委ねるには重要すぎるものです。民主主義は複数のメディアを必要としており、幅広い所有の形はそれも可能にします。

みなさんは今、この方法で変化を後押しすることができ、自分が望む形式のメディアの一員になることもできます。一緒になって世界中のルパート・マードックのような人々に立ち向かうこともできます。ドナルド・トランプが米国の大統領に就任し、世界中に右派ナショナリズムが広がっており、「new internationalism(新たな国際協調主義)」の必要性がかつてないほど高まっています。

みなさんは私たちと一緒に、「そうだ、より良いメディア、より良い世界は可能だ」と歌うコーラスに加わることができます。ぜひ一緒に、その未来に投資しましょう。◆

 バネッサ・ベアード、ディンヤール・ゴドレイ、ヘーゼル・ヒーリー

...もう一言

今私たちは、人々を分断させるメディアではなく、団結させるメディアを作ることが不可欠な時期を迎えています。それは、排除のないグローバルなコミュニティーを構築し、一般の人々の苦闘とは、いつものエリートたちが推進するグローバル化への積極的反対であることを強調し、グローバルな公益に関してそんな人々と熱き思いを共有するジャーナリズムのことです。

ニュー・インターナショナリストは、すべきことをいろいろと指図する裕福な後援者、メディア帝王からの支援を受けたことはありません。何らかのより良い報道のために、そのようなジャーナリズムを形作る後押しをするために、私たちが読者のみなさんに支援をお願いすることは理解してもらえると信じています。

3月1日私たちは、世界中の一般の人々にニュー・インターナショナリストの所有権を開放するCommunity Share Offerという大胆なキャンペーンを開始しました。もし参加に関心があれば、次のウェブサイトをご覧ください。
factsandheart.org


NIブログ記事Our 500th issue – time for courage and change の翻訳です。


  1. 2017/03/20(月) 14:23:20|
  2. お知らせ一般