NIジャパンブログ

【翻訳記事】アレッポへの市民マーチ


170423cma.jpg
画像をクリックするとCivil March for Aleppoウェブサイトが表示されます


難民の足跡をたどるため、ヨーロッパ各地から人々が参加し、ドイツからシリアに向かって歩いている。この「アレッポへの市民マーチ」は、昨年12月にスタートし、これまで1,000人以上の人々が参加している。ほとんど参加者は、数時間から数日の参加だが、全行程3,400キロを歩き通すことを目指す人もいる。

参加者たちは、難民とは逆の南下するルートをたどり、テントやスポーツ施設に泊まりながら、9月にはシリアに到達する見込みだ。もし、戦争で荒廃した国に入国できない場合は、トルコ・シリア国境から平和のメッセージを送る予定だ。

チェコ共和国でこのマーチに参加した25歳のキャシアは、次のように語った。「私は、消極的姿勢と自分自身の無力感が嫌になり、歩いています」

しかしシリア人の中には、このマーチをボイコットした人もいた。その理由は、マーチの運営者たちが、シリアの反体制派の独立旗ではなく、白旗(平和、民主主義、自由を象徴したもの)だけを携行すると決めたからである。また彼らは、この国境を超えた活動にシリア人の声が十分に反映されていないと非難している。だが一方では、この連帯の企画についてソーシャルメディアを使って歓迎を表明する人々もいる。◆

by リディア・ヌーン


2017年4月号NI501p9 March for Aleppo の翻訳です。



  1. 2017/04/23(日) 23:31:14|
  2. 市民・ムーブメント