NIジャパンブログ

【翻訳記事】気候変動危機で空港拡張工事が中止に(オーストリア)


170608Nij97_600.jpg
2008年3月号Ethical Travelの日本版「人と地球にやさしい旅へ ~ 観光インパクトと地球温暖化を考える」
この号でも航空機の気候変動への影響を取り上げ、出張や旅行に飛行機を使うべきか議論にもなった。
画像をクリックすると目次を表示します



気候変動の懸念によって、オーストリア最大の空港の拡張工事が阻止された。気候変動への懸念による公共インフラの中止は、世界初の出来事かもしれない。2月、オーストリア連邦行政裁判所は、ウィーン国際空港に3本目の滑走路を建設することによって生じる環境と数百ヘクタールの農地に与える打撃が、いかなる経済的利益をも上回る、という判決を下した。

裁判所は、2016年には乗客2,300万人以上が利用した空港に3本目の滑走路を建設することは、国内そして国際的な気候変動緩和義務に違反する可能性があると主張した。

キャンペーン活動家たちは、滑走路によって少なくとも35万人が直接的な騒音と大気汚染の被害を受けるだろうと言う。

米国の「気候変動ではなく制度の変更を」という環境団体は、「航空業は、健康被害、気候変動、自然破壊といった外部コストをすべて社会に押しつけているため、もうかるビジネスである」と述べている。

空港当局は、控訴する方針であることを発表している。◆

by エイミー・ホール


2017年5月号NI502 p9Climate 1, aviation 0 (Austria)の翻訳です。c502-100.jpg



  1. 2017/06/08(木) 22:42:18|
  2. 環境・資源