NIジャパンブログ

【翻訳記事】散らかった海のお掃除(オランダ)

oceancleanup.jpg
THE OCEAN CLEANUP ウェブサイト



世界のからプラスチックを取り除くための意欲的なプロジェクトが、まもなく開水域で初めて行われる。

ゴミ問題に取り組む組織オーシャン・クリーン・アップの研究者らは、オランダ沿岸23キロメートルの沖合に、100キロメートルにおよぶ浮遊式フェンスを設置する予定だ。

これは、世界の数百万キロメートルのを覆うゴミの除去活動にとって、革命的な手段となる可能性がある。

浮遊式フェンスは、に浮かぶプラスチックゴミを探すのではなく、潮流を利用してゴミを運ばせることを可能にするものだ。

このテストでは、動きを検知するモーションセンサーと監視機能を備えたフェンスを使い、荒れたと強い潮流がもたらすゴミ回収への影響を検証する。もし成功すれば、2016年内に日本で2回目のテストが実施される予定だ。

このプロジェクトは、オランダの起業家ボヤン・スラットが考案し、ずっと以前から環境保護主義者の懸案となっていた課題に応えるものだ。

スラットは、この研究の資金として2014年に200万ドルを超える資金を集めた。これは、非営利クラウドファンディング史上最高額である。

by Beulah Maud Devaney

2016年3月号NI490 p9「Ocean litter-pick (NETHERLANDS)」の翻訳です。cover490.jpg





  1. 2016/04/05(火) 23:12:03|
  2. 環境・資源
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://nijapan.blog.fc2.com/tb.php/7-935b5eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)