NIジャパンブログ

【翻訳記事】学校で廃品再生



動画はインターネットニュースサイトvocativより


廃品を再生して、学校や公共の場で役立つ備品などを作り出す。そんな方法を生徒たちに教えるプロジェクトが、セネガルで行われている。生徒たちはフランスのNGO「3000エコメン」と一緒に作業し、古タイヤにゴミを詰めてセメントを盛り、ベンチやその他の備品を製作した。この団体は、すでにこの方法で1万7,000トン以上の廃棄物をリサイクル済み。現在は、このプロジェクトをモロッコ、チュニジア、エチオピアでも実施するべく準備を進めている。

7/8月合併号NI504 p9 Rubbish school furnitureの翻訳です。c504_100.jpg



セネガルの学生たちが大学のキャンパスのテーブルとベンチを作る様子。非生物分解性のゴミと土を古タイヤに詰め、金網で包んでその上にセメントを盛っている。この大学では古タイヤ900本と60トンのゴミが使用され、400のテーブルとベンチに生まれ変わっている。



  1. 2017/07/25(火) 22:50:10|
  2. 子ども・教育