NIジャパンブログ

【翻訳記事】反抗の都市(スペイン)

170811encomu.jpg
バルサローナ・アン・クムーの説明集会
Barcelona En ComúCC BY-NC-ND 2.0


市民が組織した大きな波が押し寄せ、急進的な市長たちがスペイン中で当選を果たしている。そしてその波は、他のヨーロッパ諸国、さらにはヨーロッパの外にまで広がっている。

そんな都市の中でも最もよく知られて注目されているのが、野心的な反抗の都市バルセロナである。市民のプラットフォームであるバルサローナ・アン・クムーが勝利したのが2015年。彼らは都市の主導権を握り、住居問題に取り組むフェミニストの活動家、アダ・クラウを市長の座に就けた。この連合体は、主要政党による腐敗政治と一線を画すため、市民議会を通じた運営を行い、完全なる透明性も確保している。彼らの政治の主な焦点は、都市への権利[訳注1]、社会経済と連帯経済の促進、共同利用地(コモンズ)の拡大、水道と電力事業の再公営化、移民への門戸開放だ。

このような市民プラットフォーム(社会運動家の仲介によって緩やかに結びついた市民と進歩的な政党から成る連合体)は、マドリッド、バレンシア、アコルーニャ、サラゴサなどいくつかのスペインの主要都市に加え、イビサや他のより小さな自治体においても主導権を握るようになった。

さらには、スペイン以外にもそれは広がり、率先して動き始める人々がヨーロッパのあちこちに現れた。そして米国では、女性とLGBT+の人々の権利を守るためや気候変動に関するパリ協定を支持するため、あるいは移民の権利を守るために、あちこちの都市が結束してトランプ大統領に対抗しているが、ここでも市民プラットフォームというトレンドが広まっている。

5月には、共和党の牙城であるミシシッピ州の州都ジャクソン市で、驚くべき自治体革命が起こった。市長選挙で圧倒的多数の人々が、急進的な黒人活動家のチョクウェ・アンタール・ルムンバ[訳注2]に投票したのだ。当選したルムンバはニュースサイト『In These Times』のインタビューで、「ジャクソンは、現行制度の犠牲となっている」と語った。「もし私たちがミシシッピで現状を変革できれば、それは世界の他の地域のモデルとして貢献し、希望となるだろう」◆

by クレア・フォーセット

訳注1:初版1969年の『都市への権利』(邦訳はちくま書房)で著者のフランスの哲学者アンリ・ルフェーヴルは、ビジネスや消費主義にまみれた都市を、そこに住む人々の手に取り戻すことを訴えている。

訳注2:チョクウェ・アンタール・ルムンバは弁護士でもある。彼の父親も弁護士、そしてジャクソン市の市議会議員だった。2013年に市長に当選したが2014年に病死。チョクウェ・アンタール・ルムンバは父親の意志を継いで2014年の市長選に出馬したが落選した。

ルムンバのインタビュー動画(Democracy Now)

『In These Times』のインタビュー記事


7/8月合併号NI504 p6 Fearless cities (Spain) の翻訳です。c504_100.jpg





  1. 2017/08/11(金) 11:52:00|
  2. 政治・国際関係