NIジャパンブログ

【各号紹介】2017年10月号No.506「Brazil's soft coup(ブラジルのソフトなクーデターとは)」


c506_200.jpg


ブラジル、ロシア、インド、中国を示すBRICs。この言葉は、2003年にある投資銀行の報告書に初めて登場したと言われる。

成長著しい4つの新興経済国を示すこの言葉は、その後頻繁にメディアに登場するようになった(後に南アフリカを加えてBRICSとなる)。

中でもブラジルは、工業、農業、資源輸出も好調で、ブラジルでの2014FIFAワールドカップの開催決定(2007年)、2016年夏季オリンピックとパラリンピックのリオ開催が決定(2009年)したこともあり、国内インフラ等の整備は急ピッチで進み、国内消費は好調に推移し、それに加えてブラジル初の労働者出身の大統領となったルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルヴァ元大統領(2003年~2010年)が進めた低所得者への手厚い社会保障の効果もあり、その内政は国際的に注目を集めるものとなった。

彼は高い人気を保ちながら大統領を2期務め、後継者としてジルマ・ルセフを指名。彼女は2010年の大統領選に勝利し、2011年1月にブラジル初の女性大統領に就任した。

しかし、そんな栄光の時代も今や昔。ルラは企業からの不正な利益供与と資金洗浄の容疑で今年禁錮9年6月の実刑判決を受け(控訴したため控訴審で有罪が確定するまでは収監されない)、ルセフは政府資金の不正操作で背任罪に問われて弾劾、昨年8月に罷免された。

そしてルセフ政権のミシェル・テメル副大統領が大統領に昇格したが、彼も企業からの収賄の容疑で昨年起訴された。今年8月ブラジル議会下院は、大統領を正式に起訴すべきか採決を行って起訴は回避されたものの、9月には新たな収賄罪で起訴され、さらに複数の汚職捜査が進んでいる。

このような政治的な先の見えない混乱の結末、この国の行く末はどうなるのか? そして、これまでも行われてきた政府資金の操作が今回は不正とされて「ソフトなクーデター」と呼ばれたルセフの弾劾裁判と罷免につながった理由はどこにあるのだろうか?



◆目次と購読は富士山マガジンサービスのサイト




  1. 2017/10/16(月) 00:38:24|
  2. ≪各号≫紹介