NIジャパンブログ

【イベント報告】「知らなかった!アジアンコーヒー入門」

10月28日(土)に清澄白河の長専院にて、NGO 4団体(APLA、アーユス仏教国際協力ネットワーク、シャプラニール=市民による海外協力の会、パルシック)と共催でアジアのコーヒーとその生産地を紹介するイベントを行いました。


今回は、ラオス、ネパール、東ティモールのコーヒー生産者を支援する3団体が顔をそろえるという貴重な機会となり、早々に定員に達してキャンセル待ちが出るほどの人気でした。

▼いつもお世話になっている長専院さん。深川の出世不動尊としてその名前を聞いたことがあるかもしれません。
171103長専院

これまでのコーヒー講座では、講座概要と清澄白河の話(アーユス仏教国際協力ネットワーク)、コーヒーの全般的な話(NIジャパン)、現地の話(生産者を支援する参加NGO 1団体)という流れで、話は二十数名の参加者全員に向けて行ってきました。

今回は、生産者を支援するNGOが3団体参加していることもあり、講座概要と全体的な話の後はNIジャパンも含む4つのテーブル(1テーブル参加者5~6人)に分け、NGOと参加者がより近い距離で気軽に話ができるようなテーブルトークの形式にしました。1回の説明は40分で、それをグループ替えをして2回行ったので、参加者は2つの団体から話を聞くことができました。

▼まずコーヒーの全体的な話から。NIジャパンの諸より、「コーヒーは農産物である」「コーヒーは嗜好品である」ということを今日は念頭に話を聞いてほしいとの話がありました。そして駆け足でしたが、植物としての特徴、コーヒーの実の収穫から私たちのカップ一杯のコーヒーになるまでの流れ、生産国と農民の現状、コーヒーが抱える課題について、参加者全員に対して説明がありました。
171103全体

▼参加者アンケートには、生豆に触れられて良かったとの感想もありました。今回用意したサンプル豆は、下に別途写真を掲載したパーチメント付、ロブスタ、マンデリンを含む8種類(2種類の欠点豆含む)でした。
171103豆サンプル

▼今回珍しかったのはパーチメント付の生豆。写真は、パーチメント付の生豆(左)とそれを取り除いた生豆(右)。その上にあるのは取り除いたパーチメント。これはお米で言えば籾殻のようなもので、通常コーヒーの生豆は、パーチメントが取り除かれた状態で輸出されます。
171103パーチメント

▼全体的な話の後は各団体のテーブルに分かれての説明です。APLAはラオス、シャプラニール=市民による海外協力の会はネパール、パルシックは東ティモールと、それぞれ支援している国と生産者の説明をし、各産地のコーヒーの試飲も行いました。
171103各テーブル

▼NIジャパンのテーブルでは、普段ストレートで飲まれることはほぼないカネフォーラ種(ロブスタ)の豆とアラビカ種の豆の飲み比べをしながら、インドネシアの産地やコーヒー生産について、そしてもっぱらインスタントコーヒーや缶コーヒーなどに使われるロブスタの役割とその商業的な理由について説明し、コーヒーの味と嗜好について話をしました。この写真は今回使った豆で、ロブスタ(左)はジャバ島、マンデリン(右)はスマトラ島北部のトバ湖周辺で栽培されたものです。
171103ロブスタ

▼この2種類の豆をフレンチローストにして点滴ドリップでゆっくりと抽出して試飲。ロブスタも深く焙煎したせいか独特のロブスタ臭は多少和らぎ、参加者のみなさんもおいしいと飲んでいましたが、やはりその後味は口に広がり、マンデリンと比べると違いがはっきりと分かりました。
171103ドリップ


テーブルトークセッションを終え、全体での共有時間をとって終了。参加者の方々からは次のような感想をいただきました。(アンケートより抜粋)

・飲んだことのない産地のコーヒーを飲めたこと、新たな発見ができたので良かったです。
・今回知った国々に興味がわきました。
・アジアの各地のコーヒーを試飲でき、活動のストーリーを聞くことができて良かったです。
・生豆に触れられたのが良かった。特に欠点豆やパーチメント豆はほとんど見る機会がないので参考になりました。
・あまり国際協力等にかかわりがないので、話が聞けて良かったです。
・コーヒーのことだけではなく、いろいろな国の文化や課題が聞けて勉強になった。国際協力についてもとても興味深かった。
・コーヒーだけでなく、社会のことをいっぱい知ることができて収穫になりました。

身近なコーヒーという飲み物を入り口にして、生産国の多様性と現実、NGOの活動や国際協力についても理解を深める機会となったようで良かったです。




  1. 2017/11/03(金) 23:37:49|
  2. イベント報告