NIジャパンブログ

【各号紹介】2017年11月号No.507「Humans vs robots(ロボットは人類に何をもたらすのか)」


c507-200.jpg
英語版のウェブサイトへ





自動化について今日多くの人々は、押し寄せる津波のようだと表現する。

変化のペースはますます早くなり、私たちの仕事、プライバシー、そして統制という概念も影響を受け、テクノロジー優先の硬直した政策が約束されている。テクノロジーは従属的な役割というよりも、まるでそれ自体に権限が与えられ、私たちの生き方を決定していくようにしばしば感じられる。そして「我々はロボットだ」という言葉は、非常に皮肉な響きとなる。

このような時代に役立つ気づきは、技術自体ではなく、それを支配しようと張り合う者たちの動機が誤っているということだ。

張り合う企業が目的を隠して物事を決めるのであれば、私たちは自らの手で真剣に闘うことになる。


Today many would describe automation as a tsunami.

The pace of change is accelerating, affecting our jobs, privacy, notions of governance and, increasingly, promising a rigid technocratic future. At times, it seems like technology itself will dictate how we live, rather than playing a subordinate, enabling role. ‘We are the robots’ becomes a bitterly ironic refrain.

At such times it is useful to remind ourselves that it is not the tech that is at fault but the motives of those who jostle to control it.

And when it is corporate players setting the agenda, that means we have a serious fight on our hands.


◆目次と購読は富士山マガジンサービスのサイトをご覧ください


NIシンプル英語版で読む
171231NIEEWロゴ







  1. 2017/12/31(日) 14:52:35|
  2. ≪各号≫紹介