NIジャパンブログ

【翻訳記事】血のしたたるヴィーガン向けハンバーグ


180104F294037.jpg
この画像はイメージです


「血のしたたるビーフレスのビーフハンバーグ」。まるでドクター・スース[訳注:米国の絵本作家]が書いた一節のように思うかもしれない。だがこれは、シリコンバレーズ・インポッシブル・フーズ社の新しいヴィーガン[訳注:完全菜食主義者]食品を実際に説明した一節である。遺伝子組み換えタンパク質と植物由来の物質からできている「インポッシブル・バーガー」は、見た目、におい、味もまるで本物のようだ。

しかし、カナダの非営利団体ETCグループが情報公開法に基づき開示を求めて入手した文書を見ると、そのハンバーグの食品としての安全性には疑問符がつく。

ニューヨーク・タイムズ紙で明らかにされた米国の食品医薬品局(FDA)の文書には、そのハンバーグ風味の食品の主要原料(大豆レグヘモグロビン)に関するインポッシブル・フーズの主張が書かれているが、人間の食べ物としての安全性を確約してくれるものではなかった。

「こんなことを許すなんて、まったくとんでもないことです」と言うのは、米国の消費者団体であるコンシューマーズ・ユニオンの科学者、マイケル・ハンセンだ。「これまで人間の食料として使用されたことのない遺伝子組み換えタンパク質を、彼らは使用しているのです・・・。これは、[米国の]規制に不備があることを示しています」

FDAは懸念を表しているが、インポッシブル・バーガーは発売されている。このようなことになったのは、新しい原材料が食品に適しているかどうかを製造者が決められる「Generally Recognized as Safe(GRAS)」[訳注*]と呼ばれる非常に緩い規制のためだ。

インポッシブル・フーズの広報担当者は、「米国内の全ての食品安全規制に適合している」と語った。◆

by Yohann Koshy


訳注*:米国では食品への添加物は、意図する使用対象や方法において一般的に安全と認められない限り、FDAに申請して市販前承認を得る必要がある。しかし科学的な評価を実施し、その結果が安全と認められれば、GRAS(「一般的に安全と認められる」の意)として認められるという手順がとられていた。この手順では、企業から提出される科学的な検証結果をFDAの委託先機関が審査し、その結果に問題がないようであれば物質が安全であると見なしGRASと認めていた。しかし1997年FDAは、この申請プロセスをやめて通知だけで手続きが済むという規制案を提案した。これは、企業による申請とFDA側の審査というプロセスを廃止し、企業側で行った検証で企業側が安全と判断した物質をFDAに通知するだけでGRASを名乗れるようになった。この新しい手順は、試用期間を経て2016年8月17日から正式に施行されている。また、米国の消費者団体Consumeristの下記の報告によれば、この通知は必須ではないため、現在FDAに知らされてない物質が1,000種類以上食品に使用されているという。
When It Comes To Food, “Generally Recognized As Safe” May Not Mean What It Sounds Like


 

2017年11月号NI507 p7 Bleeding veggie burgers の翻訳です。c507_100.jpg





  1. 2018/01/04(木) 10:57:23|
  2. 健康・食・農業