NIジャパンブログ

【各号紹介】2017年12月号No.508「Clampdown! - Criminalizing dissent(異論封じ込めの弾圧に対するオルタナティブ)」



英語版のウェブサイトへ



いかにほど良いバランスをとっていくか。このことが難しい場合は少なくない。今月は、世界中で起こっている民主主義の権利に向けられた権力による攻撃を取り上げているが、このことについて世界は前向きになれない情報で埋め尽くされようとしている。

そんなあふれる情報とのバランスをとるためNIでは、これまでとは異なる(オルタナティブな)創造的な方法を用いた可能性があふれる政治的活動の事例を紹介すべく取材に取り組んだ。どうやらカタロニアは、その事例に完全に当てはまると言えそうだ[訳注]。カタロニアは、現在の独立をめぐる困難な闘いが最終的にどのような結果に終わろうとも、特に生活における経済的な面で急進的な民主主義のオルタナティブを立ち上げた実績を作った。

異議を申し立てる権利に対して国と企業が攻撃する事例が増加するにつれ、私たちの基本的な権利を守るための効果的な協働がますます重要になってきている。今月は、まさにそのような取り組みに対する応援歌として報告する。

訳注:本号掲載記事"Homage to Catalonia"で報告しているが、20世紀初めから自由への思いが強く住民の自主的な活動が盛んだったスペインのカタロニア州(州都はバルセロナ)では、早くから協同組合組織が結成され、農業、小売業、銀行、さらには工場、水道などの事業も広く行われてきた。また、協同組合だけでなく地域の人々が結束して問題解決にもあたってきた。近年では再生可能エネルギー事業を立ち上げたり、倒産した工場を買い取って地域住民議会で事業を運営したり、2008年の不動産バブル崩壊とその後の観光客急増で投機的に翻弄される不動産の安定化のための貸主組合の結成なども行われている。



It’s hard sometimes to get the balance right. When it comes to the subject of December’s Big Story on the authoritarian assault on democratic rights around the world, one is in danger of being swamped by negativity.

To balance, we sought out an example of a fertile political space with a record of creative alternative-building. Catalonia seemed to fit the bill perfectly. Whatever the ultimate results of the current independence struggle, Catalans have a proud record of building radical democratic alternatives especially in their economic lives.

As the number of examples of state and corporate assault on the right to dissent mount it becomes crucial to build effective coalitions to defend our basic rights. This issue of the magazine is a contribution to the effort to do just that.


◆目次と購読は富士山マガジンサービスのサイトをご覧ください


NIシンプル英語版で読む
171231NIEEWロゴ






  1. 2018/01/12(金) 15:37:30|
  2. ≪各号≫紹介